読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホビーアニメを観ていたらいつの間にかアホになっていた

ホビーアニメ、海外産アニメ、女児向けアニメなどを観て、変になってしまいました。プリティーリズムシリーズや現在放送中のホビーアニメを中心に、このキャラがかわいいとか、そのアニメが社会に伝えたい価値は何なのかまで、様々な情報を発信していきます。

スポンサーリンク




プリティーシリーズ-プリティーリズム

『アニメージュ』9月号に掲載されていた『プリティーリズム・レインボーライブ』の記事の内容まとめ

『アニメージュ』9月号「プリティーリズム・レインボーライブ 虹の音楽を奏でよう!」(72-75ページ) 『アニメージュ」9月号*1で『プリティーリズム・レインボーライブ』の特集が組まれていた。これはレインボーライブのBlu-ray BOX-1の発売を記念するととも…

KING OF PRISM by PrettyRhythm 応援Bookを読んだ その2:ストーリー&キャラクター他

ペーパー化された応援上映と設定 この本の趣旨は、応援上映を紙面上で表現することだ。聴覚に障がいのある人、何らかの理由で声を失った人、言葉を発することのできない人は応援上映を正常に楽しめない。そうした限界を超えるための存在が、応援Bookだ。応援…

KING OF PRISM by PrettyRhythm 応援Bookを読んだ その1:インタビュー部分

友情、努力、勝利、仕事、奇跡 今更ながら、応援Bookのインタビュー部分を拝読した。応援Bookのインタビューは、本自体のページ数が多いこともあり、パンフレットや公式設定資料集よりも量が多い。他のインタビュー同様、各スタッフの役割や仕事内容がわかる…

KING OF PRISM by PrettyRhythmから入った人がプリティーリズムをスルーできない理由

キンプリから入ってまだプリティーリズムを見ていない人へ KING OF PRISM by PrettyRhythm (キンプリ)からプリズムエリートになった人の中には、プリティーリズムに手を出していないという人も多い。どんな理由であれ、60分の映画だけで全てを語ろうとするの…

KING OF PRISM by PrettyRhythm公式設定資料集は職業研究にもってこいです!

KING OF PRISMのすべて、アニメ映画製作のすべてが詰まっている 『KING OF PRISM by PrettyRhythm公式設定資料集』(初版、一迅社、2016年)を購入したので、中身の具体的な内容への言及を避けつつ、本を紹介していこうと思う。所々に筆者(divergent)のコメン…

今更ながらKING OF PRISM by PrettyRhythmのパンフレットを買いました

入手困難になっていたパンフレット、ゲットだぜ! 約半年遅れで劇場版『KING OF PRISM by PrettyRhythm(キンプリ)』のパンフレットを入手した。この記事では、詳細に触れないよう、内容を説明していく。 公式サイトでは、再販が告知されていた。 kinpri.com …

アニメ『リルリルフェアリル』の新展開に怯える人達!?本当に大丈夫リル…?

突然のテコ入れ!?もうなりふり構ってられないの? 『リルリルフェアリル〜妖精のドア〜』第21話「課外授業!行先はビッグヒューマル!?/フェアリルチェンジでヒューマルに変身!」は衝撃的だったと思います。どうしてこんな展開になったんだと思っている人…

アイカツスターズの闇・白鳥ひめについて

闇を抱えつつ、「光」であり続ける アイカツスターズの白鳥ひめは『アイカツスターズ!』の主人公・虹野ゆめの憧れの存在である。S4と呼ばれる四ツ星学園のトップアイドルのひとりで、全国的に有名である。 youtu.be このビデオは、アニメ『アイカツスターズ…

プリティーリズム・レインボーライブの蓮城寺べるがいっちばーん!

みあとべるは実は似ている!? この記事では、べるとみあが似ているのではないかという幻想を抱きながら、ゆる〜く2人の共通点や異なる点について考えていきたいと思います。 蓮城寺べる 蓮城寺べるはプリティーリズム・レインボーライブのキャラクターであり…

プリティーリズム・レインボーライブの用語と人物をまとめてみた(だけ)

用語集 先日のブログに対し、用語が十分に説明されておらず、不親切だとのお叱りを受けました。深く反省し、作品の著作権を侵害しない程度に、プリズムショーの説明とキャラごとのあらすじをまとめます。 前回の記事はこちら www.ajo-biani.com プリズムショ…

朱に交われば赤くなるなる 『プリティーリズム・レインボーライブ』の魅力

人間環境が織りなすヒューマンドラマ『プリティーリズム・レインボーライブ』 今回は、プリティーリズム・レインボーライブをまだ観ていないという方へ、レインボーライブの魅力を所狭しと伝えたいと思います。ネタバレを多分に含むので、ネタバレを気にせず…

プリティーリズム・ディアマイフューチャーの何が不評なのか

『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』(以下、ディアマイフューチャー)は、日本と韓国の少女達の国境を越えた友情を描いた物語だ。1年目の『プリティーリズム・オーロラドリーム』(以下、オーロラドリーム) 50話のショーを目の当たりにした主人公達…

少なくともプリティーリズムの世界では、子どもは親を愛している

プリティーリズムシリーズの前提 プリティーリズムシリーズにおいては、家庭問題がクローズアップされることが多い。家族が離れ離れになったり(失踪や別居)、家族に精神的に圧力を加えたりする(いわゆる亭主関白や毒親)。これらのことは現実世界でも度々問題…

プリパラ2年目とプリティーリズム〜紫京院ひびきとはなんだったのか?〜

前回に引き続き、プリパラ2年目とディアマイフューチャーを比較します。ネタバレが嫌な方は、ブラウザの戻るボタンなどからお帰りください。 プリパラ2年目 プリパラがリニューアルされ、新ゾーン・ドリームシアターが登場する。毎シーズン1回開かれるドリー…

プリパラとプリティーリズム〜繋がるSHINING LINE*〜

プリパラはご存知だけれど、プリティーリズムはご存知ないという方多いのではないでしょうか?この話題作が何なのかをわかりやすく解説したいと思います。ネタバレも含まれているので、どちらかのネタバレをされたくない人は、お帰りください。

キンプリはなぜ画期的なのか?

この記事には、一ファンとしての筆者の解釈が入り混じっており、中立性や信ぴょう性は保証できない。この記事は報道ではなく、キングオブプリズム製作委員会および関連団体とも一切関係がない。したがって、この「画期的」もファンから見て画期的という意味…

プリティーリズムの何がすごいのか

プリティーリズム(のアニメ)シリーズは、2011年4月から2014年6月まで放送していたテレビアニメシリーズである。1年目は、最強のジャンプ・オーロラライジングを巡るドラマ・オーロラドリーム(AD)、1年目の3年後を描き、国境を越えた友情を描いたディアマイフ…