読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホビーアニメを観ていたらいつの間にかアホになっていた

ホビーアニメ、海外産アニメ、女児向けアニメなどを観て、変になってしまいました。プリティーリズムシリーズや現在放送中のホビーアニメを中心に、このキャラがかわいいとか、そのアニメが社会に伝えたい価値は何なのかまで、様々な情報を発信していきます。

スポンサーリンク




アイカツ!1年目の記憶

劇的につまらないので、よっぽど暇な方のみ目を通してください。

 

 

アイカツ!が始まった頃、私は裏番組のテストの花道を観ていました。すでに一人暮らしを始めていましたが、女児向けアニメを観るのは恥ずかしくて観ていませんでした。(あれ……でもプリキュアは観ていたような……)

 

アイカツ!側の時間移動でアイカツが見られるようになりました。(それ以前も、放送休止時やテストの花道がアンコール放送していた時の時間を利用してちょくちょく観ていた気がします。)

 

多分クリスマス回(12話)の話を聞きつけ、13話(「カロリーの悲劇」)で初めて視聴した気がします。すでにモンスーノで鍛えられていたので、そこまでの衝撃は受けませんでした。「こいつ食いすぎじゃね?」みたいな感じで……その後、19話(「月夜のあの娘は秘密の香り」)を少し見たんじゃないかと思います。ユリカ達が魔夜の屋敷で大パニックになっている様子を予告で見たのは覚えているので。この辺りからほぼ完全にアイカツ!サイドにシフトしました*1。多分23話(「アゲハなミューズ」)なんかは意味不明だったんじゃないかと思います。

 

29話あたりからは普通に記憶があるので、真剣に見ていたんだと思います。アイドルの挨拶はおはようございますとか、コールアンドレタスポン酢とか。お母さんも実はアイドルだったのかなあとか、いろいろ思ってました。あとは、掛け持ち大変だねとか……

 

そしてそして、33話から確変が訪れます。これだったのか!アイドルが突如SASUKEに挑み始める33話「チャンス&トライ☆」です。「さすがにおかしくね?」って思いました。ゴールデン美月チャンスで「こんなものなの?」って言われてるアイドルが不憫でした。ところで、ここで落ちている人気アイドルたちを僕は知る由もありませんでした。33話終盤で急に前期OPから登場していた謎の新キャラちゃんが登場。一気に僕のハートを掴みました。一ノ瀬かえでちゃん。スケーツからして強そうだし、いちごには絶対勝てなさそう。ここで、かえでちゃんがトライスターに内定し、35話「涙の星」です。まさかメインキャラだと思っていた蘭ちゃんが退場するとは思いませんでした。この時点では、3人がどういう関係かちゃんと理解していなかったので、そこまでの感動とかはありませんでした。でも、その後あっさりトライスターをやめるから「お仕事大丈夫?干されたりしない?」って思ったり……懐かしい。

 

そして、37話「太陽に向かって」でついにソレイユ!ラ・イ・ジ・ン・グ!蘭はトライスターをクビになり、美月はかえでとイチャイチャします(違)。その後、40話「ガール・ミーツ・ガール」でいちごとあおいの過去がわかる寄り道をしつつ、STAR☆ANIS編に移ります。あの女児向けにしてはやけにシリアスなEDがそのままSTAR☆ANISのステージ曲になるとは……ここら辺はほぼほぼCP萌えなんですよね。蘭の魚の骨を取るさくら、いちごにアメリカのアイカツの話をするかえで。いろいろ印象に残っています。まさかかえでの話がこの後に続いていくなんて思ってもいませんでした。

 

各種ユニット編がひと段落しての、43話「不思議の国のアイドル!」14話(「イケナイ刑事」)を見ていなかったので、しおんちゃんがどういう人か知りませんでした。だから、ただのモブの子だと思っていたところもあるんですが、やっぱり一味違う。のちにCG化するだけのことはあります。しおんちゃんのアリスは可愛いし、ゲートボール強いし(物理)、うさぎたちも可愛いしでなんだかほっこりする回でした。その後、特殊EDが入る衝撃の44話(「モア・ザン・トゥルー クライシス!」)。飛び飛びで観ていたので、やはり涼川さんがどういう人だったのか知らず、びっくりしました。45話の「ハピサマ☆バケーション」では、女児アニメでまさかの水着回だったのでちょっとびっくりしたのと、かえでのイカにやられる蘭が可愛かったです。47話・48話のマスカレード編は、本当にママがアイドルでやっぱりなって感じでした。ところで、美月さんの状態明らかに労働基準法とか児童福祉法に抵触する気がするんですが、アイカツ世界の警察はどうして動かなかったんですか?ユニセフは?ヒューマンライツウォッチは?

 

1期残りの2話でスターライトクイーンカップが決着します。ここからでしたよね?羽ラッシュ。そして、当時は強さの基準とかわからずに、ご都合主義でいちごが勝ったんだと思っていました。その後、いちごが渡米すると聞いて驚くあおい……ここからどういう思いで手紙を書き残したのか……美月の3連覇で幕を閉じるスターライトクイーンカップ……いちごたちの友情に負ける形で実現するソレイユのカレンダーガール……カレンダーガールをバックに3人は空港に移動し始める……区切りの回定番のライブをフェードアウトさせて手描きに移る演出が生まれます。ここであおいがいちごに例の手紙を渡し、いちごはアメリカに旅立ちます。そして、美月は小卒でOLになります(笑)

 

さあ、来週からは、いちごがいなくなったスターライト学園が謎の組織に狙われるアイカツ!2年目!私の熱いアイドル活動!アイカツ!始まります!

 


というわけで、ここまで1年目の時の気持ちになってつまらないことを書いてまいりました。筆者は劇場版の時の一挙配信キャンペーンでちゃんと1年目を観ました。ご安心を。改めた感想と2年目以降の話は気が向いたときに書きます。

*1:ただし、そこまで真剣じゃないので毎週観ていたわけではありません。飛び飛びです