ホビーアニメを観ていたらいつの間にかアホになっていた

ホビーアニメ、海外産アニメ、女児向けアニメなどを観て、変になってしまいました。プリティーリズムシリーズや現在放送中のホビーアニメを中心に、このキャラがかわいいとか、そのアニメが社会に伝えたい価値は何なのかまで、様々な情報を発信していきます。

スポンサーリンク




アニメ『リルリルフェアリル』の新展開に怯える人達!?本当に大丈夫リル…?

突然のテコ入れ!?もうなりふり構ってられないの?

リルリルフェアリル〜妖精のドア〜』第21話「課外授業!行先はビッグヒューマル!?/フェアリルチェンジでヒューマルに変身!」は衝撃的だったと思います。どうしてこんな展開になったんだと思っている人も多いのではないでしょうか?『SHOW BY ROCK!!』Webアニメを彷彿とさせる(!?)セクシーな変身シーン、フェアリルマージの苦悩と過去、謎の魔女・アンチューサの登場…と色々てんこ盛りでした。これだけ新要素があると、テコ入れのように見えるかもしれません。しかし、これは土曜午前10時アニメの既定路線なのです。

 

路線変更したという誤解

誰とは言いませんが、プリティーリズムという作品の監督をしていた方は、2クール目終盤から3クール目の初頭にかけて、物語の根幹に関わる新キャラを投入していました。例えば、『プリティーリズム・オーロラドリーム』では、最強の技・オーロラライジングの考案者であるケイ、『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』ではプリズムアクトの考案者である阿世知欽太郎(とケイが再登場)、『プリティーリズム・レインボーライブ』では存在だけで語られてきた最強の女子プリズムスタァ・天羽ジュネとエーデルローズ主宰・法月仁が登場しました。

 

彼らは物語を語る上で欠かすことのできない存在です。それどころか、物語の根幹を揺るがしかねない存在であり、土台作りが終わった後でなければ、登場できないのです。別の言い方をすれば、様々な完成図が予想できた物語のパズルに、物語の輪郭を顕す決定的なピースを追加したのです。ある程度ピースが揃っているから決定的なヒントになるのであって、最初からはまっていたなら、意味のわからない色や形が解く人を混乱させるでしょう。つまり、教育的日常モノ路線が不人気だったから、路線変更をしたというわけでは決してありません。必要な説明が済んだから、キャラクターを投入したのです。

 

大人のキャラクターは本筋に関係ないのでは?

大人フェアリルの物語は、りっぷが恋愛の成就を邪魔する壁をどう乗り越えていくかという主人公の物語に繋がります。これまでは、先生達(の誰か)が絶対に正しいという前提に立っていました。しかし、ここに来て、フェアリルマージの判断にひとつの汚点が発見されてしまいます。たしかにこれまでも、フェアリルマージの説教や懸念に対して、他の先生が「あなたもそうだった」と水を差す展開はありましたが、それをここまで深く掘り下げたのは初めてだったと思います。

 

しかも、今回の場合、フェアリルマージの説教内容は、マージが大人になるまでに学んだ教訓というよりも、教訓化された逃避行動です。愛するレン(現・フェアリルゴール)を迎えに行ったソニア(現・フェアリルマージ)は、レンが見知らぬヒューマルの少女(花村望の祖母・リラ)と一緒にいるのを目撃します。そして、ソニアはヒューマルが危険であると学んでしまったのかもしれません。それに対して、きんぎょ先生が「それは違う」と言って、説教をしたわけです。今回のきんぎょ先生の説教のアプローチは、ソニアが実はレンの恋を応援しようとしていた事実を提示した上で、恋を応援すべきだという方向性でした。もちろん、ソニア自身はレンとリラの間で何があったのかは知りません。レンがヒューマルの女性に浮気をしたという誤解を解けるかが、りっぷの恋の成就の鍵になってくるのだと思います。

 

こういう話をするとキャラクター名が多くなってしまうので、こちらをご参照ください。ただし、ヒューマル(人間キャラ)はセガトイズやサンリオの管轄ではないので、紹介がありません。

fairilu.jp

バトル路線になる?

リルリルフェアリルが女の子が戦うバトル路線になることはまずないでしょう。

news.mynavi.jp

 

東京おもちゃショーのレポートを見る限り、今のところ、バトル路線用の玩具は予定されていません。強いて言うなら、『レディジュエルペット』でジュエルパッドが武器になったので、フェアリルパッドに武器アプリがあるのかもしれません。でも、肉体的バトル路線にするのは難しいと思います。明確な敵が出てきたプリティーリズム・ディアマイフューチャーでも、殺陣を伴う戦闘シーンはありませんでした。セーラームーンプリキュアが面白いのは、女の子が戦う少女向けアニメが新鮮だからであって、普通の女児向けアニメで戦闘シーンを好んで使うということはないでしょう。武器・兵器の技術の向上で女性が戦場で活躍できる時代になっていますが、戦闘が男性の役割であるというジェンダー規範はなかなか変わらないはずです。

 

ただ、これまでも五城桜監督の信念なのか、男の子が主役になって対決をするという回がありました。プリティーリズム・ディアマイフューチャー、レインボーライブと、土曜午前10時アニメには男性キャラクターが武器を交えるシーンがあったので、男性キャラによる戦闘がないとは言い切れません。

 

まだまだ続くフェアリルマジック

2月始まりの2クール目終盤ですから、もうすぐ折り返し地点になります。でも、キャラクターの数やグッズへの力の入れようからして、1年でIPが終わるような作品ではないと思います。来年も五城桜さんが監督とは限りませんが(学業も忙しいはずなので)、りっぷたちの物語は末永く見守っていきましょう。