読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホビーアニメを観ていたらいつの間にかアホになっていた

ホビーアニメ、海外産アニメ、女児向けアニメなどを観て、変になってしまいました。プリティーリズムシリーズや現在放送中のホビーアニメを中心に、このキャラがかわいいとか、そのアニメが社会に伝えたい価値は何なのかまで、様々な情報を発信していきます。

スポンサーリンク




『アイカツスターズ!』早乙女あこはアイドル失格!?

アイカツシリーズ アイカツシリーズ-アイカツスターズ!

アイカツスターズ!』第17話「本気のスイッチ」

アイカツスターズ!第17話では、四ツ星学園女子部の1年生4人が男子部の四天王であるM4のトーク番組に出演した。出演したのは、虹野ゆめ、桜庭ローラ、七倉小春、そして、劇組トップの早乙女あこだった。一見高飛車な性格に見えるあこだが、どうやらそうでもないようだ。

 

 

あこがしたこと

あこは、ファン意識丸出しでトーク番組に出演し、番組の雰囲気を台無しにした。あこは、出演者としてトーク番組に出演したのにも関わらず、大好きな結城すばるに媚を売った。すばるの好きなものの話などを突然振ったり、他の出演者の話を遮ったりして、自己中心的にトークを進行した。料理コーナーでは、すばるの好きな卵料理を作ろうとして、パートナーの小春を失敗させてしまった。すばるのことしか頭になく、周りに気を配っていなかったのだ。M4の吉良かなたは、すばるのためのアイカツではないと、あこに散々忠告したが、あこは話を聞かなかった。あこはプロ失格と言って間違いないだろう。

 

あこの反省

だが、あこは自分の間違いに気づき、反省した。わざとか天然かは知らないが、小春が席を外した際、偶然目にした台本を見て、自分がいかに自己中心的だったかに気づいた。ゆめの台本には、M4の近況に合わせた気の利いたトークメモや難しい漢字のふりがなが書き込んであった。対して、自分はすばるに媚びるだけで、ビジネス的なことや気の利いたことは一切言っていなかった。ゆめに刺激を受けたあこは、副題のように「本気のスイッチ」を入れて、ステージに立つのだった。

 

アイドルの在り方とは?

あこは、自分の過ちを反省できるし、失敗した仲間をフォローできるいい子だった。だが、なぜ失敗したのだろうか?詳しく検討してみる必要がありそうだ。そもそも、アイカツにおいて、アイドルは、高みを目指す主体であって、ファンに媚びを売る商売ではない。これまでもアイドルたちは、スターライトクイーンやアイカツランキングなど、大きな目標に向かって精進すると同時に、様々な活動で自己を表現してきた。もちろんファンは大事だが、ファンに媚びるとか、ファンと恋愛をするアイドルはいなかった。今のシリーズでも、虹野ゆめは白鳥ひめのファンではあるが、だからと言って、白鳥ひめを前に公私混同をすることはなかった。むしろ、同じステージに立つ先輩として、ひめを尊重していた。このように、アイドルは、ファンに平等の愛を振りまき、他のアイドルと切磋琢磨する存在なのだ。

 

アイドルとファンの関係

アイドルは、すべてのファンに同じ愛を振りまく*1。それは、肉体的・精神的関係を迫るものではない。アイドルは、性的サービスを提供する主体では決してないのだ。一方、ファンも、アイドルを恋人視したり、性的対象と見なしたりしてはいけない*2。アイドルはみんなのものであって、特定のひとりのためのものではないのだ。ファンはアイドルを応援し、アイドルはファンに感謝する。これが理想的なファンとアイドルの関係だと思う。

私自身、現実世界のアイドルを応援したことがある。だが、私は彼女を自分のものにしたいとか、彼女と性的な関係を持ちたいとは思わなかった。ステージ上で輝く姿を見たいから、応援したいから、イベントに通ったりしたのだ。特定の誰かがアイドルを独占することはあってはならない。それから、アイドルが提供するものは、肉体的・精神的快楽ではない。アイドルは、みんなに、幸福を届けるのだ。

 

アイドルとアイドルの関係

アニメにおけるアイドルは、自分を磨くための活動だ*3。ファンに恋愛感情を示すための活動ではない。大好きなすばるに媚びるあこは根本的に間違っているのだ。あこは自分を押し出すというよりも、大好きなすばるのことで頭がいっぱいだった。これでは、自分を磨いているとはいえず、アイドル失格である。しかし、反省したあこはステージで本気を出し、アイドルとしてすばるに実力を認めてもらった。言い換えれば、切磋琢磨する仲間として認めてもらったのだ。性別は違えど、すばるとあこは、本来、神崎美月と星宮いちご星宮いちごと大空あかりのような関係になるべきである。憧れの存在であるすばると同じステージに立つことがあこにとってのゴールなのかもしれない。

 


検討してきたように、アイドルはファンを平等に愛し、他のアイドルと高みを目指して競い合う存在だった。現状、劇組トップである、あこの芝居がクローズアップされる雰囲気はない。しかし、劇組トップである以上、演技の才能は圧倒的なのだろう。すばるとふたりでトップを張れるような大女優になることが、あこには求められているのだろう。