ホビーアニメを観ていたらいつの間にかアホになっていた

現在放送中の子ども向け番組を中心に、アニメや特撮ドラマについて書いていく。毎話「感想」を書くわけではなく、気になった話数や一般的な議論に関する記事を書く予定だ。

スポンサーリンク




『仮面ライダーゴースト』実質最終回を終えて ゴーストとはなんだったのか?

魂を燃やしきった『仮面ライダーゴースト』 その魂の中身とは?

仮面ライダーゴーストがひとまず最終回を迎えた。英語で言うところのSpiritをテーマにしてきた今作は、初期に毎回新フォームチェンジを出すなど、挑戦的な作品だった。一方で、ライダーファンからの評価は芳しくなく苦労した面も多いと思う。今回は、この作品を振り返っていく。 

 

 

 

仮面ライダーゴーストが伝えたかったメッセージ

上に示した通り、この作品のテーマは魂や精神、心などであった。「命、燃やすぜ!」を決め台詞にしてきた仮面ライダーゴースト/天空寺タケル。タケルは英雄の心を学び続け、ついに偉業を成し遂げた。この物語の中には、様々なメッセージがあった。

 

命を燃やして生きる

英雄が英雄たる所以は、志を持って死んだからではなく、魂を燃やして全力で生ききったからである。初期話数では、タケルは偉人の百科事典を手に、英雄の心を学んでいた。本に書かれた英雄の教えを使って、自分の類稀なる才能を眼魔に利用された人々を救った。この過程で、様々な英雄の眼魂を解放していく。ちなみにこの裏には、英雄の眼魂を悪用しようとする西園寺、タケルの幼馴染で、妹*1を生き返らせるために眼魂を集める深海マコト、眼魔世界の幹部であるアランなどの様々な思惑が交錯していた。1クール目は彼らとの眼魂争奪戦でもあった。

 

命・心は繋がる

父・天空寺龍がタケルの消滅を阻止したことによる二度目の「死」、マコトやアランとの交流を通じて、タケルの目的は英雄との対話に移る。ここからは「闘魂ブースト」用の英雄眼魂が登場する。闘魂ブーストは、ガンガンセイバーを使わない代わりに、サングラスラッシャーに眼魂を装填したり、武器に関係ない能力を使ったりする。この時期から、英雄眼魂はタケルを眼魂の中の空間に誘ったり、英雄の魂を受け継ぐ人に憑依してタケルたちと対話をしたりするようになった。そして、英雄の心を繋いだ果実として、グレイトフル魂が登場する。グレイトフル魂は英雄*2を召喚し、共闘する。

 

英雄の心を受け継ぐ

別の側面から言えば、英雄と対話することで、その教えは紙面上の伝説というよりも本質的な教えとなった。英雄眼魂は厳密には英雄その人ではないのだが、英雄の心が宿っている。タケルが一方的に本に書かれている伝承を話すのではなく、事件のたびに英雄と対話していた。英雄の要素が薄まるムゲン魂登場以降も、英雄はタケルたちを助けている。逆に、英雄がタケルから教えられることも多くあり、教授というよりは対話という言葉がふさわしいはずだ。

 

ご飯という違和感

唐突にお腹が空くタケル

最終回のクライマックス、食事というテーマが唐突に登場して混乱した視聴者も多いのではないだろうか?タケルがご飯を食べられない明確な描写があったのは劇場版だけで、他は生きている人がご飯を食べているという当たり前の描写(死者との対比がない!)しかなかった。強いて言えば、生き返った深海カノンがたこ焼きを食べる描写はあったが、彼女は眼魂だったので食べられないのは当たり前だったはずだ。

 

死とは姿がなくなること

そもそも、『仮面ライダーゴースト』において、死とは姿が消えることであった。初期話数では、タケルは精神が統一しておらず、度々姿が消えていた。撮影上の手間の関係もあり、次第にゴーストが人間に見えない設定であることは忘れられていった。だが、デミアとアデルとタケルが繋がったことにより、久しぶりにタケルの姿が消えた。このとき、死ぬことは姿が消えることだということが強調された。もちろん、仲間たちはタケルが生きていることを信じていたが、タケルの側は姿を失った苦しさをある程度は感じていたようだ。

 

人が食事を摂るのは当然

死のもう1つのデメリットとして、死んでも傷は負うというものがあった。普通の人間であれば怪我の治癒には栄養補給が必須であり、タケルにも何らかのエネルギーが必要だろうと視聴者が思うのは当然だ。だが、タケルが食事を摂れないという描写はほとんどなかった。カノンやアランがたこ焼きを食べているのを見て、「おいしいかい?」とでも声をかけていれば、ご飯が食べられないことはわかりやすかったはずだ。(御成は、生身になったジャベルにメンチカツを食べさせている。グダグダヘレヘレだ!)でも、食事が必要ないという非常識を提示していなかったため、急にご飯が食べたいと言われて違和感を覚えたのだと思う。

 

なぜ食事描写が疎かになったのか

食事ができない描写をしなかったことへの擁護としては、食事をしない描写をすることでデメリットが発生するということが考えられる。

 

  • いじめへの配慮

1人だけ食事から省かれている描写をすると、いじめを助長する可能性がある。それに、仮面ライダーがご飯を食べないから僕も食べないという子どもも出てくるかもしれない。つまり、子どもが真似をすると困るというのが1つの理由だ。ヒーローの美学に反すると言い換えてもいいかもしれない。ヒーローは子どもの手本なのである。

 

  • 食品系スポンサーへの配慮

仮面ライダーゴースト』には、食品業界とのタイアップがある。そのため、仮面ライダーがご飯を食べないと明確に描写することで、食品が売れなくなる可能性も考えられなくない。食事をしないことを曖昧にしておかないと、「仮面ライダーゴーストは食事を大切にしない作品だ」という本来の意図と正反対のイメージが生じかねない。食品業界との良好な関係のためにも、食べることを否定してはいけなかったのだ。

 

これまでももちろん、食べ物が食べられない仮面ライダーはいた。だが、最初から食べられないという主役ライダーはいなかったはずだ。それに、味覚を失ったために、ご飯を食べてもおいしくないというライダーが多かったと思う。ゴーストがいかなるシステムでご飯を食べられないのかはわからないが、味覚を失ったライダーと違うのは確かだ。

 


食事の描写にこそ違和感はあったが、仮面ライダーゴーストの伝えたいメッセージは明確だった。人と人は手を取り合い、魂を燃やしながら、先人の教訓を生かして生きていくべきなのだ。来週はエグゼイドとの橋渡しということで、このメッセージがどうエグゼイドに伝えられていくのかに注目したい。

*1:深海マコトの妹である深海カノンは、命を失い、眼魂に封印されていた。

*2:仮面ライダーゴーストとは別の素体の上に、ゴーストのフォームチェンジと同じパーカーと仮面をつける。

スポンサーリンク


プライバシーポリシーと当サイトの利用するサービスについて