読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホビーアニメを観ていたらいつの間にかアホになっていた

ホビーアニメ、海外産アニメ、女児向けアニメなどを観て、変になってしまいました。プリティーリズムシリーズや現在放送中のホビーアニメを中心に、このキャラがかわいいとか、そのアニメが社会に伝えたい価値は何なのかまで、様々な情報を発信していきます。

スポンサーリンク




『バトルスピリッツダブルドライブ』第27話 イヌイ将軍の慢心

敵側の善人・イヌイ将軍

バトルスピリッツダブルドライブ』の中で最も特異な存在がイヌイ将軍である。暗黒バトラーであるにもかかわらず、ソウルスポットの試練を乗り越えるという正規の手段で十二神皇を手にしている。しかも、彼は基本的にズルをしない。スパイとしてサンドラッドをエト陣営に送り込むことはあるが、軍人としてのポリシーに反する行為はしない。手下に強く慕われており、自分もタツミを慕っている。

 

義理と人情に溢れた背中で語る男という感じだが、「亥の十二神皇カラミティ・ボア」を手に入れて以降、傲慢な性格になった。異世界の人間で勇者の末裔でもない大牙和巳に「午の十二神皇エグゼシード」を渡した際は、タツミの側近であるシシにも不信感を抱いている。なぜか成長が楽しみなキャラになってしまっているイヌイ将軍が実質上のメイン(?)になっているのがこの回である。

 

  

バトルスピリッツダブルドライブ』第27話「新たなる力 ミストラル・ビット!」

 

タツミの城に正義のバトラーが攻めてきた。敵の侵入を許したカブトーは深く反省するが、タツミが彼を返り討ちにした。暗黒バトラー達はせっかく手に入れた十二神皇が奪還されたことを悔やむが、イヌイ将軍は、シシの予言なしで新たな十二神皇を手に入れようと目論む。イヌイが草として放っていたサンドラッドは卯の十二神皇の眠るソウルスポットが近くにあることをエトらから聞き取り、イヌイ将軍に伝えた。


反応が不安定であることを不審がるエトだったが、茂上駿太は、自分の世界に伝わる「虎穴に入らずんば虎子を得ず」ということわざについて話した。バルガルドでは、「ザザンゲが欲しければゲニガメを舐めろ」というらしい。ちょうどその頃、イヌイ将軍はシャウシャウの案内があればきっとソウルスポットに着くだろうと思って、ソウルスポットに向かっていた。一方、エト達はソウルスポットに到着した。エトの不安は当たっていて、卯の十二神皇はなぜか無防備に機械の歯車に挟まれていた。


抜き取ることを躊躇するエト達の前にイヌイ将軍が現れ、以前イヌイに大敗したヨク・アルバトロサが応戦した。イヌイ将軍はカラミティ・ボアを早く召喚すれば苦戦せずにヨクを倒せると踏み、先にカラミティ・ボアを召喚し、有頂天になった。実際にヨクは、「飛翔」*1の効果ではイヌイ将軍のライフを削りきれないため、攻撃を仕掛けられなかった*2

カラミティ・ボアの「突進」*3の効果で「丁騎士シュバリエ」と「丁騎士ウェッジテイル」を倒し得意になるイヌイ将軍だったが、これはヨクの仕掛けた巧妙な罠だった。最後に、カラミティ・ボアよりBPの低いゲイル・フェニックスを攻撃しようとするも、マジック2枚でBPを嵩増しされ、返り討ちに遭ってしまった。カラミティ・ボアを失ったイヌイ将軍は「飛翔」の効果で4ダメージを喰らい、ライフが5残っているヨクに敗北を喫した。


敵を迎え撃ち、安心したヨクは歯車から卯の十二神皇を抜き取ったが、何も起こらなかった。だが、ヨク達が去った後に歯車は動き出し、白ウサギならぬ茂上卯咲の声がするのだった。次回、不思議の国のアルバトロサ!

 

カラミティ・ボアを過信するイヌイ将軍

イヌイ将軍は、力があるので自分は強いと思っている。この考え方は自己責任論が強い今の日本にある意味で欠けているが、イヌイ将軍の場合は褒められるべきではない信念である。「カラミティ・ボアさえあれば自分は強いんだ。だから何もしなくていいんだ」という考え方は、信仰としてはあまりよくない。おそらくイヌイ将軍を通じて伝えたいメッセージは、「守り神の力があるから自分はもっと頑張れるんだ」という考え方なのだろう。もしイヌイ将軍がカラミティ・ボアを失ったら、自分の愚かさを痛感するはずだ。


前回(第13話)、イヌイ将軍は、ヨクが大量展開したスピリット*4を「突進」の効果で破壊し、大量にデッキを破棄する*5ことで、愚かなヨクを下した。しかし今回は、最後の最後で返り討ちに遭ってカラミティ・ボアを破壊され、相当悔しがっていた。いずれにせよ、カラミティ・ボアがあるから無敵だと言うイヌイ将軍は、割と滑稽に描かれているので、否定したい考えだと言うのは間違いないだろう。

 

タツミ様を愛するイヌイ将軍

イヌイ将軍はタツミを愛しているが、ここ最近のシシの暴走で、タツミへの信仰がより強まっている。今回は、奪った十二神皇を全て奪還された不甲斐なさから、単独かつ無断で作戦を実行した。タツミが自ら城を防衛したことへの恩も含まれているのだろう。愛のために戦うと言うのは(どこかの緑のバトラーと同じで)肯定されるべき行為であり、その点ではイヌイ将軍は勇者の資質というものを持っていると思う。前述の通り、部下からの信頼も厚く、今回も「封印」時に敗北したイヌイ将軍を全員で船まで運んでいた。ちなみに、前回はイヌイ将軍がキキを運んでいた。このように、愛は素晴らしいというメッセージを伝えているという意味では、イヌイ将軍は善のキャラクターでもある。

 

イヌイ将軍の今後

イヌイ将軍は現在、十二神皇を1体しか持っていない。異魔神ブレイヴは和巳の元にあるので、それがどうなっていくのかが気になるところだ。それから、イヌイ将軍は敵側にいながら正義の心を持っていて、なおかつ勇者の末裔ではない。彼の今後が期待される。

*1:コスト1を払うことで酉の十二神皇ゲイル・フェニックスを何度でも回復する

*2:ただし、ヨクも、前回風魔神をデッキ破壊で破棄された反省から、早めに風魔神とゲイル・フェニックスを手元に置いている。フラッシュタイミングで使う予定のマジックも手元にあったので、デッキ破壊は実質的に封殺されていた。

*3:弱い方から順に何回でも攻撃できる

*4:デッキ破壊の被害を最小限に抑えるため、速攻で決めようとした。

*5:デッキ破棄は青のカードによくある効果だ。