ホビーアニメを観ていたらいつの間にかアホになっていた

現在放送中の子ども向け番組を中心に、アニメや特撮ドラマについて書いていく。毎話「感想」を書くわけではなく、気になった話数や一般的な議論に関する記事を書く予定だ。

スポンサーリンク

【ガンダムビルドダイバーズ】サラの意外な正体 絆のゲームのあり方

真にゲームを愛しているのは誰か?

人気ロボット・ガンダムのプラモデル(ガンプラ)をテーマにしたアニメ『ガンダムビルドダイバーズ』が佳境を迎えている。

 

この作品では、主人公の少年がオンラインゲームの中で仲間を作り、ガンプラへの親しみを深めていく。

そして、第20話「真実」では、主人公が友達の意外な正体を知り、苦悩する。

 

 

 

 

 

ガンダム愛する人が集まる空間

ガンダムガンプラ愛する人々が集まるオンライン仮想空間・GBN。

その中に入り込んだ少年・リクは奥深いガンプラの世界に惹かれていく。

 

GBNでの活動を通じて、リクは多くの仲間と出会った。

ガンダムに乗っていない不思議な少女・サラもそのひとりである。

リクはサラの助言を受けながら、ガンプラバトルに強くなっていった。

 

一方、GBNでは正体不明のバグが多発する。

ついに見つかったバグの正体はサラだった。

 

大切な仲間とGBN

オフラインには姿を見せない不思議な少女・サラ。

 

彼女は、ガンプラ愛する人々の心から生まれたデータの結晶であった。

しかし、彼女は強大な力を持っており、リクたちと不正ユーザーとの戦いの中でそれが活性化されてしまった。

 

広がるバグ—人間ではない不正なプログラム—に対し、運営は除去を進める。

でも、リクは大事な仲間であるサラのことを放っておけない。

 

バグを排除するのは運営にとっては正義だ。

だが、ガンプラを通じて仲間を作ったリクたちにとって、仲間を消去するのは不正義である。

リクたちはゲームの運営からサラを守ることができるのか?

 

以下、気になる点について言及していく。

 

サラ自身の苦悩

まず注目したいのが、サラが人間として描かれている点である。

最近のエピソードでは、リクの友達が特訓をしている横で遊んでいるシーンが特徴的だった。

 

そして、今回、サラが事実を突きつけられ、悩んでいる様子が描写された。

リクが「サラというバグ」を受け入れられないわけではなく、「サラという人間」を守りたいことを明確にした。

 

個人的に、サラに悩ませたのは100点満点だと思う。

 

視聴者の注目を集める番組構成

駆け引きの描写の積み重ねが、今回の緊迫感につながった。

 

このシリーズでは、エンディングの後にも本編(いわゆるCパート)を入れることが多い。

次回登場するキャラクターの顔見せや、物語の舞台裏で行われている駆け引きの描写に使われている。

 

謎のバグについても、運営のキャラクターがこのパートで話し合っていた。

今回、ついにバグが特定され、運営と開発者がリクたちに接触した。

これまでなかなか接触してこなかっただけに、緊迫感はすさまじい。

 

この番組のCパートは効果的だった。

 

GBNが何であるか?

ここまでGBNと略してきたもの。

その正体はガンプラバトル・ネクサスオンラインである。

 

Nexusはつながり、結びつき、関係を意味していて、絆と訳されることもある。

つまり、GBNは絆をテーマにしたゲームなのだ。

 

そんな中でサラを助けようともしない運営は、果たして適格なのかと思ってしまう。

真にGBNを愛しているのは、ガンプラを通じて仲間を増やしてきたリクたちである。

 

バグを除去しない第三の方法で、サラとGBNの両方を救うことがこの番組のゴールであってほしい。

 

サラはプログラムではなく人物である。

いわゆるCパートの積み重ねが今回の緊迫感を強めた。

絆を名前に冠するのだから、ハッピーエンドになってほしい。

 

ガンダムを知らなくても楽しめる

約40年の歴史を誇るガンダム

今から見るのは億劫だという人もいるかもしれない。

 

だが、『ガンダムビルドダイバーズ』は過去作がストーリーに大きく絡んでくるわけではない。

ガンダムを知らないキャラクターも登場していて、ガンダムガンプラの紹介番組という側面もある。

 

今からでも、気になる方はぜひチェックしてほしい。

 

スポンサーリンク


プライバシーポリシーと当サイトの利用するサービスについて