ホビーアニメを観ていたらいつの間にかアホになっていた

現在放送中の子ども向け番組を中心に、アニメや特撮ドラマについて書いていく。毎話「感想」を書くわけではなく、気になった話数や一般的な議論に関する記事を書く予定だ。

スポンサーリンク

【キンプリ】第10話 如月ルヰ 一条シンを愛した結果

KING OF PRISMの裏側で起こっていた本当のこと

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-は最終章に突入。

第10話では、シュワルツローズの如月ルヰ*1が「作られた」衝撃の経緯が明かされる。

 

この回では、ルヰが一条シンとともにプリズムランドに出かける。

ルヰを待ち受ける衝撃の結末とは……?

 

 

 

 

(この記事は2019/5/4から上映の劇場編集版を参考にして書かれている。

テレビ本編で変更があるかもしれない点はご容赦願いたい。)

 

 

 

プリズムワールド:おとぎの国ではなかった

プリズムワールドの設定は、『プリティーリズム・レインボーライブ』で初登場した。

当時は、あたかも「おとぎの国」のように描写されていて、りんねはお姫様という扱いだった。

 

その実態は、7柱の「神」が「使者」と呼ばれる電子生命体を世界に送り出すと言うものであった。

 

プリズムの使者:煌めきを広める

プリズムの使者はプリズムスタァに寄り添い、煌めきを啓蒙する。

彼らは歴代主人公の最強ジャンプを軽々こなすなど、人間を超えた力を持つ。

このうち、F型(Female、女性)はりんね、M型(Male、男性)はシャインと呼ばれていた。

 

レインボーライブでは、天羽ジュネと荊りんねの2人のりんねが登場した。

ジュネは氷室聖に寄り添っていたが、いつしか恋愛関係に発展していた。

りんねは彩瀬なるたち6人の少女を導いた。

 

ルヰの軌跡:一条シンを愛するという矛盾

KING OF PRISM by PrettyRhythm

ルヰは河川敷で一条シンに接触し、涙を流しながら謎のペンダントを渡す。

Over the Rainbowのライブに招待し、プリズムの煌めきを思い出させる。

後日シンに再会すると、涙を流しながら抱擁した。

 

その後、シンは神浜コウジとのバトルで「シン・無限ハグ」を成功させる。

プリズムラッシュを編み出し、スタァ候補生たちにプリズムの煌めきを思い出させるなど、大いに活躍した。

 

KING OF PRISM -PRIDE the HERO-

ルヰはシュワルツローズのアイドルプリズムスタァとして、速水ヒロの代表曲「だった」Prideを歌う。

 

ある日、シンを河川敷へと誘う。

シンに、渡したペンダントの中身を見せる。

それから、不思議な力で川をリンクに作り変え、シンと一緒にプリズムショーをする。

 

そのショーで、ルヰはシンを「手にかける」。

シンが1000年前、世界を滅ぼしかけた悪魔であると明かして。

ルヰはひとり、涙を流した。

 

ところが、永遠に失われたはずのシンの煌めきは、プリズムキングカップで復活。

ルヰは突然自分のイヤリングを剥ぎ取り、フェザーと呼ばれる光の翼を消失させた。

 

Prideを歌うはずだったルヰは「ルナティックDEStiNy」を歌い、ヒロにリンクを譲った。

 

ルヰが派遣された理由

ルヰの正体は、シャイン(M型の使者)の始末のために派遣されたりんねだった。

 

あるとき、シャインはプリズムスタァを育てる役目を放棄し、自らがステージに立ってしまった。

神はりんねにシャインを始末させ、以降はりんねに男性の格好をさせた。

プリズムワールドを滅ぼしかけた悪魔は、消滅したはずだった。

 

しかし、全ての使者の記憶を受け継いだ結果、シャインを愛してしまっていた。

シャイン復活と始末の狭間で揺れ、結局、シンにプリズムショーを教えてしまう。

 

ルヰはシャインを諦めきれない。

自らのフェザーを剥ぎ取り、プリズムワールドから離反した。

 

如月ルヰが一条シンにアプローチしていたのは、始末すべき対象であり、愛している相手だったから。

 

プリズムランド:プリティーシリーズの再現

プリズムランドは、どうやらプリティーシリーズを再現したテーマパークのようだ。

そこには、プリズムジャンプ「未来へハッピーレイン」を彷彿とさせる色とりどりの傘が飾られていた。

ペアチア・ペアチャムなどのマスコットがシンたちを歓迎する。

 

そのほかにも、コウジといとがキスした噴水、ハロウィン回の恒例だった背景(通称・減価償却)などがあった。

プリパラからは、メイキングドラマ「もぎたてスイーツパーク」とプリズムツアーズも出張していた。

 

楽しいデートの思い出を胸に、ルヰはプリズムショーをする。

 

プリズムショー:ARアプリ風の演出も

今回のプリズムショーでは、ARアプリをイメージした演出があった。

カメラの映像に動物の耳や鼻を浮かび上がらせるのは拡張現実(AR)と呼ばれる技術。

 

安直に考えれば、デートだからSNOWっぽい演出にしたとも言える。

だが、映像の(意図的な)ブレ方が、VRゴーグルを使ったときのそれとそっくりだった。

CG制作班が技術方面でのアピールをしたものと思われる。

 

プリズムランドはプリパラも含め、歴代プリティーシリーズを意識したアトラクションがある。

ルヰのプリズムショーには、最新の技術をイメージした演出もある。

 

謎のプリズムスタァ・響ワタル

今回、シンたちのコーチ・山田リョウの原点が明かされた。

彼は「響ワタル」という名前のプリズムスタァに憧れていたそうだ。

しかし、ワタルの記録は、なぜかどこにもない。

 

それもそのはず、響ワタルはプリズムワールドの使者だった。

帰還後、データや記憶の一切が抹消されているが、なぜか山田は覚えていた。

 

名前の元ネタは『プリティーリズム・オーロラドリーム』『ディアマイフューチャー』で主人公たちの相手役をしていたCallingsのメンバー。

 

ヒビキは天宮りずむに好かれているが、実妹の藤堂かのんからも溺愛されていた。

ワタルは高峰みおんに猛アプローチしていたが、そっぽを向かれていた。

 

一条シン、4回目のプリズムショー

来週はいよいよ、一条シンがソロのトリを務める。

映像作品・CGありのプリズムショーとしては4作目となる。

数を重ねているだけに、シンの成長が楽しみだ。

 

他のメンバーは家族などが出ているが、シンの家族も明らかになるのだろうか?

 

*1:読みはルイ。「ヰ」は「わゐうゑをん」の「ゐ」のカタカナ版であり、ルキは誤読だ。

スポンサーリンク


プライバシーポリシーと当サイトの利用するサービスについて