ホビーアニメを観ていたらいつの間にかアホになっていた

現在放送中の子ども向け番組を中心に、アニメや特撮ドラマについて書いていく。毎話「感想」を書くわけではなく、気になった話数や一般的な議論に関する記事を書く予定だ。

スポンサーリンク

【キンプリ】第11話 一条シン回 プリズムの使者・シャイン覚醒

おぞましいプリズムショー エーデルローズはどうなる?

一条シンの正体、それはシャインの「潜伏先」だった。

シャインは精神空間でルヰを倒し、ついに表に出てきた*1

おぞましい舞台で一方的な愛を表現し、シャインは0 karatsを叩き出した。

 

深い眠りについたシン。

夢の中で、彼のこれまでの思い出が走馬灯のように蘇る。

その裏には……

 

 

 

 

 

一条シンが思う過去

一条シンは、自分を一般的な家庭に生まれた普通の子だと思っている。

サッカー部に所属していたが、苦い敗北を味わったようだ。

 

その後、プリズムショーに出会い、エーデルローズに所属。

「ローズパーティー」などを経て、今に至っている。

 

シンの視点でそう語られているが、プリズムショーに出会う前のシンが存在していたかは定かではない。

 

一条シンに潜伏していたシャイン

一条シンのプリズムジャンプは、実はシャインに由来するものだった。

シャインは何度も復活しかけ、その度にルヰに倒されていた。

 

PRIDE the HEROでも、ルヰに倒されたのに、プリズムの煌めきを取り戻した。

それは、シャインの力を完全に消せていないためだった。


というのも、シャインが消滅すると、シンはルヰと出会ってからの記憶をすべて失う。

ルヰは手を下せなかったのだ。

そのため、シャインは幾度となく再生し、シンに煌めきを供給していた。

 

ところで、シャインは「1000年」封印されていたことになっているが、響ワタルは山田リョウが子どもの頃に活躍したスタァである。

「山田さんが子どもの頃のスタァなのに、1000年封印されていたってどういうことでしょう?*2

 

アップデートの拒否、一方的な愛

シャインのプリズムジャンプは全部オーロラドリーム時代のものか、その発展系である*3

いわば、初期型からほとんどアップデートされていない。

 

一方で、ルヰは目覚ましい発展を遂げた。

PRIDE the HEROで、ルヰはシンに手紙を出していた。

続くShiny Seven Stars第10話では、メールでやりとりしている。

 

プリズムランドでは、プリティーリズムの後の世界を描いたプリズムツアーやプリ☆チャンにも触れたようだ。

PRISM.1では、時代の最先端を行くVRデート風のプリズムショーをした。

 

ルヰが時代に合わせアップデートしていく中で、シャインは時代に取り残されている。

人間に対しても、杓子定規の固定的な考えしか持たず、歪んだ評価を下していた。

自分勝手な考えで、自分勝手な愛を周囲に振りまいていた。

 

オーバードーズ:体調を崩す危険なショー

シャインのプリズムジャンプは、もはや連続ジャンプと呼べるものではなかった。

「連続」の宣言をする時間すらなく、ほぼ同時にジャンプしたらしい。

 

ジャンプの数は、プリズムライブなしでは人類最大だった。

氷室聖曰く、「オーバードーズ」を起こしてしまいかねない危険な状況だったようだ。

 

オーバードーズは本来、薬剤の過剰摂取で身体が危険な状態に陥ることをいう。

適度な煌めきは観客を幸せにするが、過度な煌めきは観客を危険にさらす。

0 karatsだったのにも納得がいく。

 

『プリパラ』紫京院ひびき

シャインに関連して、紫京院ひびき(CV.斎賀みつき)にも触れておかなければならない。

 

ひびきは「プリンス」と呼ばれ、生まれつきは女性のアイドルだ。

パルプスに住んでいた少女・緑風ふわりをプリンセスとして迎え入れようとしていた。

 

その「プリパラ」は、みんなで仲良くアイドル活動をするバーチャル空間だ。

しかし、ひびきは、友達同士で盛り上がるプリパラを否定する。

完璧なライブをする「天才」しか舞台に上がれないように、システムを作り変えてしまう。

 

その背景には、過去のトラウマがあった。

これをどうするかが、プリパラ2年目の最大の山場であった。

 

このキャラクターはシャインに重なる部分も多いので、興味のある方はぜひチェックしていただきたい。

 

一条シンの回想が流れたが、実在性は不明。

ルヰはシャインを消滅させておらず、シンの中で何度も復活していた。

シャインは前時代のプリズムジャンプを跳び、人間には固定的な考えを持っている。

シャインのプリズムショーは、煌めきの過剰摂取で身体を壊しかねない危険なショーだった。

関連する人物として、プリパラの紫京院ひびきがいる。

 

廃校が決定 エーデルローズ最後のステージ

ユニットショーの目前、シュワルツローズに20000 karats以上の差をつけられる。

シュワルツローズに追いつけなくなり、エーデルローズの廃校が決定した。

それでも、シンはステージに立つ決意をする。

 

とはいえ、シャインのおぞましいステージを見た観客の心は冷え切っている。

しかも、天羽ジュネ以外の観客はシャインの存在を把握していない。

シンは観客の笑顔を取り戻せるのか?

 

そして、シンの中に眠るシャインはどうなるのか?

 

*1:ルヰはりんねプログラムに男性のガワを着せたにすぎない。過去のりんねの記憶もあることから、精神空間上ではりんねとして描かれている。

*2:別世界のなるちゃんが『キラッとプリ☆チャン』第63話に登場している。こちらもぜひご覧いただきたい。

*3:アンリミテッドラブシャワーは、ディアマイフューチャーで登場したりずむのジャンプである。

スポンサーリンク


プライバシーポリシーと当サイトの利用するサービスについて