ホビーアニメを観ていたらいつの間にかアホになっていた

現在放送中の子ども向け番組を中心に、アニメや特撮ドラマについて書いていく。毎話「感想」を書くわけではなく、気になった話数や一般的な議論に関する記事を書く予定だ。

スポンサーリンク

【ベイブレードバースト】新旧主人公対決!アイガ闇堕ち

ベイとの共鳴 主人公が暴走する超ゼツ展開

「バトルシップクルーズ」を勝ち抜き、前主人公・蒼井バルトへの挑戦権を得た赤刃アイガ*1

バルトのライバル・灼炎寺カイザから教えを受け、準備は万全かと思われたが……

それは悪夢の始まりだった。

 

バルトを目の前にして、アイガは凶暴化。

バルトのベイを場外へ弾き飛ばして、1点を先制した。

 

次回、恐怖するオーディエンス。

バルトはアイガの暴走を止めることができるのか?

 

—『ベイブレードバースト超ゼツ』は、人気ホビーアニメシリーズの3年目。

主人公の闇堕ちを描く今作は、初めからかなり周到に仕組まれていた気がしてならない。

 

 

 

 

共鳴とは何か?

ベイと特別相性のよいブレーダーは、ベイと共鳴する。

 

バルトのライバル・紅シュウもベイと共鳴し、強力なブレーダーとなった。

だが、シュウはベイに取り込まれ、悪に染まっていた。

 

 

それから、ブレーダーと共鳴したベイは、物理法則を超えた超自然的な動きをする。

今回のゼットアキレスも、回転が弱まったと思ったら急加速し、場外へ飛ばされると無理やりスタジアムに戻った。

 

相手に勝ちたいという気持ちが共鳴力を高め、アイガの闇を強めていく。

危険を察した仲間たちは、アイガの身を案じる。

 

ベイと共鳴するのはヤバい。

 

ぶつかりあうベイとライバルたち

今作は、急に不穏な展開になったわけではない。

ベイブレードバースト超ゼツは、前2年に比べて、ブレーダー同士のぶつかり合いが多い、

主人公であるアイガも相手とガチでやり合う。

 

赤刃アイガのこれまで

赤刃アイガはライバルたちとぶつかりあいながら、成長してきた。

チームを舞台に活動していたバルト世代に対して、アイガ世代は別々のチームに所属している。

(アイガはチームに所属していない。)

 

初心者だったアイガは、ブレーダー狩りを通じて急成長。

学園の中でライバルと出会い、さらに世界へ飛び込んでいく。

 

強者を求める一方で、主要キャラの一部とはいまだにわかりあっていない。

バルトとデザインが被っているとの声もあるが、見ている方向は違う。

 

物語の方向性を表しているエンディング

エンディングテーマのアニメーションでは、登場人物をベイブレード化したキャラクターが描かれている。

キャラ同士がぶつかりあって、飛ばされるなどの演出もある。

この映像はある意味でこの物語を体現している。

 

最強を目指す少年のことを歌ったオープニングテーマも、今では闇堕ちのことを歌っているように聞こえる。

このシリーズの主題歌はノリがよいが、実は作品に沿っているようだ。

 

『ベイブレードバースト超ゼツ』は、ライバル同士のぶつかり合いが多い作品である。

 

闇堕ちの立役者たち

謎の少年・ファイ

話を戻そう。

次世代の有望なブレーダーのひとり・ファイ。

彼はアイガに接触し、アイガとゼットアキレスの共鳴力を引き出そうとする。

 

ファイ自身も「リヴァイブフェニックス」と共鳴している。

リヴァイブフェニックスは攻撃を受けても、パーツが外れて回り続けるという仕様だ。

外れたパーツとベイで敵を挟み撃ちにするなど、なかなかの共鳴っぷりである。

 

「壊しがいのあるベイになった」

 

バトルシップクルーズに出場しながらも、プログラムを一部棄権するなど、彼の行動と目的は謎に包まれている。

アイガとゼットアキレスを極限まで共鳴させ、粉砕するつもりなのだろうか?

 

仲間の善意が闇堕ちを加速させる

アイガを闇へと誘っているのはファイだけではない。

アイガを取り巻く仲間たちは、知らず知らずのうちにアイガの闇堕ちを手助けしている。

 

第27話では、力を抜いて集中力を鍛える特訓をした。

これがかえって、アイガの闇堕ちを加速させている。

 

 

そのほかにも、技師からカスタムパーツをもらうなど、善意の支援を受けた。

このままファイでも手がつけられないくらい、強くなるのではないか。

視聴者にも期待と不安を感じさせている。

 

ファイの悪意と仲間たちの善意で、アイガは闇堕ちした。

 

アイガがラスボスに?

この手の闇の力といえば、吹っ切れて光の力に変わるのが定石だ。

しかし、バルトのライバルたちが次々とアイガに敗れている。

現時点でアイガを止められる人は少ない気がする。

 

はたして、バルトはアイガを止められるのか?

それとも、シュウのように悪に染まってしまうのか?

 

3年目ではあるが、前2年を見ていなくても十分楽しめる作品だ。

あにてれなどの有料配信サイトで見放題なので、ぜひご覧あれ。

*1:バトルシップクルーズは、蒼井バルトへの挑戦権を賭けた船上イベント。世界を一周しながら、さまざまな形式でブレーダーが競い合う。

スポンサーリンク


プライバシーポリシーと当サイトの利用するサービスについて