ホビーアニメを観ていたらいつの間にかアホになっていた

現在放送中の子ども向け番組を中心に、アニメや特撮ドラマについて書いていく。毎話「感想」を書くわけではなく、気になった話数や一般的な議論に関する記事を書く予定だ。

スポンサーリンク

【レゴニンジャゴー】ミニ・ウー先生がイケボの青年に成長

レゴニンジャゴーで、老人のウー先生が赤ん坊へと退行した。その後、青年へと成長した。現代で幼児化させることで、ウーが賢明な師匠になるまでの歩みが効果的に描写されている。シーズン9のあらすじを振り返りながら、この表現手法の意義を述べる。

【ルパパト&ビルド】2018年 仮面ライダーと戦隊モノの夏映画の見どころは?

恒例の仮面ライダーとスーパー戦隊の映画。今年は敵対する快盗と警察が手を組むレンジャーと、科学と絆の力で悪の宇宙人に立ち向かう仮面ライダービルドの二本立てだ。テレビドラマを前提とした描写も多いので、まだ見ていない人は予習をされたい。

【アイカツフレンズ!】反発しあうユニット「ハニーキャット」

アイドルアニメにありがちな反発しあうユニット。アイカツフレンズ!のハニーキャットは他とは少し異なる。2人に個性の違いはあるものの、相手を嫌っていたり、傷つけることはない。プロ意識が高い蝶乃舞花と面倒見がよい先輩・日向エマの関係に迫る。

【アイカツフレンズ!】シリーズ恒例のゴシック系アイドル登場 キャラ被りしない理由

アイカツフレンズ!に新しいゴシックアイドル・白百合さくやが登場した。一見、歴代の要素の足し算に見える彼女のキャラクター。しかし、本編の内容をみると、全く違うことがわかる。彼女が扱う占いの種類にも触れつつ、彼女のプロフィールについて考える。

【ルパパト】異例の対立ヒーローが大きなお友達にヒットしている理由

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャーが大人に人気だ。正体を隠した人間関係のスリル感、登場人物の過去をめぐるドラマ、朝加圭一郎……近年のスーパー戦隊ではあまり見られなかった複雑で深い相関図が大きなお友達の心をつかんでいる。

原作と同じものしか認めないならコンテンツは死ぬ

作者の変更はアニメや漫画の作風を大きく変える。これは原作への冒涜だろうか? たくさんのスタッフが参加するからこそ、小説や実写化があるからこそ、作品は盛り上がるのではないのか? そもそも、原作通りというのは幻想ではないのか? 考えたい。

『フューチャーカード 神バディファイト』第1話 主人公はYouTuber 前作主人公の息子

人気カードゲーム・バディファイトのアニメの新シリーズが始まった。前作主人公の息子がバディファイトを始めるという設定で、新規の視聴者にもわかりやすくルールをレクチャーしている。アプリも登場したので、ぜひこれを機にバディファイトを始めてほしい。

『レゴニンジャゴー』シーズン8 衝撃の展開! 黒幕は◯◯◯◯!?

ニンジャが活躍するアニメ・レゴニンジャゴー。シーズン8では黒幕の正体を巡る大どんでん返しの展開があった。最も怪しまれていた人物は序盤に退場し、別の人物が真の黒幕と判明する。そして、ついに恐れていた事態が。ニンジャゴーの世界の運命やいかに。

『ウルトラマンR/B(ルーブ)』トレンドは2人遊びへ

ウルトラシリーズの最新作は実の兄弟であるウルトラマンロッソとウルトラマンブルの絆を描く。W主人公である背景には、2人遊びを推していきたいバンダイの意向と円谷プロダクション特有の事情があると推測される。この記事では、その背景を説明したい。

『キラッとプリ☆チャン』第2話 ユーチューバーのための動画配信研修

キラッとプリ☆チャン第2話では、ユーチューバーが守るべきルールやマナーを紹介していた。お店で撮影するという設定で、店の人に許可をとるなど大事なことを教えていた。裏方との連携や綿密な準備が動画配信に必要なことにも触れており、好印象の回だった。

『キラッとプリ☆チャン』第1話 アイドル×ユーチューバー

バーチャルユーチューバーの時代、動画配信をするアイドルのアニメ・キラッとプリ☆チャンが始まった。ユーチューバーの要素がふんだんに盛り込まれた今作は、アイドルものらしさも兼ね備えている。個性豊かなユーチューバーたちがきらめく様子を見届けよう。

『アイカツフレンズ!』第1話 異例の「◯◯に興味がない」主人公

シリーズ3作目・アイカツフレンズ!がスタート。友希あいねと湊みおが最強のアイドルユニット・ダイヤモンドフレンズを目指す。事前情報では新しさを感じなかったが、実際の放送では異例な出来事がたくさんあった。これは原点回帰ではなく、新たな試みだ。

『イナズマイレブン アレスの天秤』第1-2話 地方のイレブンがサッカーを取り戻す

イナズマイレブン アレスの天秤の放送がスタート。第1作の世界観のまま、第2作とは別のストーリーを描く。サッカーを奪われた伊那国島の少年らが雷門イレブンとなり、天辺を目指す物語だ。他のシリーズを未見の人でも楽しめるので、ぜひ視聴してほしい。

【アイカツフレンズ!】2018年版 初めて触れる人に知ってほしい3つのこと

アイカツフレンズ!の放送が始まる。初めてアイカツ!シリーズを見る人に向けて見どころを説明したい。アイカツは、少女たちが大人や先輩や友達と協力しながら、ときに競いながら、アイドルの高みを目指す物語である。声優が歌う楽曲やCGにも注目だ。

『ベイブレードバースト超ゼツ』ゼットアキレスと新主人公 メタルパーツで最強無敵に

ベイブレードバースト超ゼツは、新主人公を迎え、世代交代した新シリーズだ。鍛冶屋の息子・赤刃アイガは、世界チャンピオン・蒼井バルトとの出会いをきっかけに、ベイブレードを自作する。アイガはゼットアキレスとともに、最強無敵になるために精進する。

『リルリルフェアリル〜魔法の鏡〜』夢と愛と協同の物語だった

リルリルフェアリル〜魔法の鏡〜は、人間と妖精の間の愛を描いた。魔法と寿命を失うという代償を受け入れる妖精、生まれ変わって妖精になろうとする人間。彼らは愛のために、相手のことを想ってそうしたのだ。魔法の鏡が描いた愛とはなんだったのだろうか?

【遊戯王VRAINS】SFカードアニメの1年目を振り返る

2018年4月から新展開を迎える遊戯王VRAINS。10年前のロスト事件の真相と謎のハッカー集団・ハノイの騎士の正体、意思を持ったAIの出自が明らかになった。Playmakerとリボルバーのデュエルの決着を前に、これまでの物語を振り返る。

【レゴニンジャゴー】テレビ版とYouTube版で内容に違い

レゴニンジャゴー シーズン8が放送開始した。しかし、おもちゃの解説が入り、一部内容がカットされるなど、変化があった。一部ファンは困惑しているようだ。本放送とYouTube版に違いも見られる。この記事では変更の内容とその理由について考える。

【アイカツスターズ!】困惑! 脇役・芦田有莉の退場

アイカツスターズ!のサブキャラクター・芦田有莉。十分な描写がないまま、最終回を前に退場した。主人公たちの成長を支えたよい先輩であり、生徒会幹部でもあった彼女がライバル校に転校したことには説明のしようがない。この記事では、この問題を扱う。

劇場版のその後を描く『仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング』

すでに放送を終了している仮面ライダーエグゼイドがVシネマになって帰ってきた。本編では語られなかった登場人物の想いが描かれている。消滅した人々の復活と諸悪の根源である檀黎斗の処遇にも注目だ。この記事では、トリロジー3作品の見所を説明する。

『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』1年かけてVSシリーズを描く

新番組・ルパンレンジャーVSパトレンジャーの放送がスタート。正義の怪盗と警察、悪のギャングの対立を1年かけて描く。クールで華麗な快盗戦隊と熱く泥臭い警察戦隊が衝突する構図は、子どもでもわかりやすいはずだ。この記事で見どころを解説する。

『アイカツフレンズ!』の発表で古参ファンが阿鼻叫喚のワケ

アイカツフレンズ!の放送が始まるにあたり、ファンから心配の声が上がっている。それは、アイカツ!シリーズを変える大きな発表があったからだ。これまでの音楽コンテンツの展開を振り返り、今後のアイカツ!がどのような展開になるかを考えたい。

『仮面ライダービルド』第21話 怪人の死と主人公の絶望でファンが衝撃

仮面ライダービルド第21話では、ハザードトリガーによって暴走し、怪人の命を奪ってしまったビルドの絶望を描いた。桐生戦兎役の犬飼貴丈さんの演技が素晴らしく、シーンの構成や演出も優れていた。果たしてビルドは立ち直れるのか? 期待が集まる。

プリティーシリーズ最新作はバーチャルYouTuber 「キラッとプリ☆チャン」

新番組・キラッとプリ☆チャンが発表された。YouTuberを主人公に据え、子どもに人気が出そうだ。そもそも、今はスマホが子どもにも浸透している。スマホ遊びとの差別化や、スマホと連携した遊びが求められているらしい。作って自慢する遊びは2018年のトレンド…

『ポチッと発明 ピカちんキット』は毎週パーツが送られてくるアニメ!

ポチッと発明 ピカちんキットは子どもの好奇心をかき立てるアニメだ。実用的なおもちゃを販促する番組で、パーツの足りないキットを主人公が完成させるという内容である。学問は好奇心から始まる。このアニメとキットがあれば、お子さんが楽しく理科を学ぶこ…

別の媒体で展開したコンテンツが売れない3つの理由

複数の媒体でコンテンツを展開する作品は多い。しかし、いずれかのコンテンツで失敗することもある。その主な敗因は、コンテンツが客にマッチしていないことと、売り手の作品へのうぬぼれだと考えられる。必勝法はないので、いわゆる売れ線の作品でも綿密に…

【仮面ライダービルド】グリス役に武田航平 過去に出演の『仮面ライダーキバ』とは

仮面ライダーグリス役が武田航平に決まった。武田は『仮面ライダーキバ』にも出演しており、怪人との交流を通じて真の愛に目覚めるバイオリン奏者を演じた。今度出演する『仮面ライダービルド』は、主人公の科学者が悪の組織に立ち向かう物語。クリスマス後…

【アイカツスターズ!】アイドルアニメ史上最大の異端児 騎咲レイ とは

騎咲レイは、尊敬するエルザ・フォルテのためだけに活動する異端なアイドルだ。ファンへの愛をきっぱり否定し、エルザが最強の「太陽のドレス」を手に入れるために邁進する。彼女は、アイドルアニメのアイドルの定義から外れている。仲間達は彼女を変えるこ…

2.5次元声優引退の衝撃:「1人のキャストに1人のキャラ」はやめるべき

「バンドリ」今井リサ役の遠藤ゆりかさんの引退宣言がファンに衝撃を与えている。これは、2.5次元が勢いを増す中で、掛け持ちをするキャストの負担が増した結果といえよう。運営側には、媒体によるキャストの使い分けやダブルキャスト制などの負担軽減策が求…

『平ジェネFINAL』仮面ライダーはなぜさいたまスーパーアリーナを守るのか

平成仮面ライダーのまとめといえる作品 天皇陛下が譲位され、平成が終わりを迎えるにあたり、平成仮面ライダーシリーズもまた、終わりを迎えようとしている。 その平成ライダーをいったん締めくくる映画が今回の『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL …

スポンサーリンク


プライバシーポリシーと当サイトの利用するサービスについて