ホビーアニメを観ていたらいつの間にかアホになっていた

現在放送中の子ども向け番組を中心に、アニメや特撮ドラマについて書いていく。毎話「感想」を書くわけではなく、気になった話数や一般的な議論に関する記事を書く予定だ。

スポンサーリンク

【キンプリ】第8話 涼野ユウ回 レインボーライブとキンプリを結う

涼野いとの弟! ゼウスは全曲を作れるか

PRISM.1で使用する楽曲は、ソロ曲7つとユニット曲1つ。

ユウはすべて新曲にしようと張り切るが、作詞・作曲に行き詰まってしまう。

そこで、仲間たちは合宿を提案する。

 

やってきた南国の島。

ところが、仲間たちは遊んでばかりで、ユウに協力しようともしない。

果たして、曲は完成するのか?

 

 

 

(この記事は2019/4/13から上映の劇場編集版を参考にして書かれている。

テレビ本編で変更があるかもしれない点はご容赦願いたい。)

 

 

 

100%楽しむには レインボーライブが履修必須

今話の立ち位置は、『プリティーリズム・レインボーライブ』と『KING OF PRISM』をつなぐ回である。

涼野家の過去に触れるほか、それを前提とした演出もあるので、レインボーライブは見ておくことを強くおすすめする。

 

プリズムライブ:楽器を出現させる

レインボーライブでは、プリズムショー中に楽器を弾く「プリズムライブ」という演出があった。

アニメ本編では原則1人に1種類ずつ、楽器が与えられていた。

 

例えば、彩瀬なるのプリズムライブはプリズムレインボーギター(おもちゃ)。

福原あんのプリズムライブは光のドラムを叩いて、音を鳴らすというものだった。

一部のキャラクターはオーケストラを登場させた。

 

氷室聖曰く、プリズムライブは虹の架け橋。

レインボーライブ本編を見ていない方は、ぜひ全編を見てから、8話を見てほしい。

 

涼野ユウという存在

レインボーライブ・涼野いとの弟

涼野ユウはレインボーライブのメインキャラの弟である。

 

父は元バンドマンで、ライブハウスを経営している。

姉の涼野いとも、裏方としてライブハウスを手伝っていた。

いとは家の手伝いをする傍ら、ある理由からプリズムストーンでも働いていた。

 

そんないとは一時期、†クロス†を名乗っていた。

これは家族でやっていたバンド名に由来するものである。

作曲もしており、マイソングも自作だった。

 

ユウの音楽の才能は両親から受け継がれているようだ。

プリズムショーを始めたのは、姉の影響もあるのだろうか?

 

厨二病はキンプリ以降

ところで、ユウの厨二病が開花したのは、レインボーライブより後の話だ。

音楽一家という設定はあったものの、自分を全知全能の†ゼウス†とは言っていなかった。

 

むしろ、レインボーライブの女の子たちからは、お友達のかわいい弟という扱いをされていた。

家族想いでセンシティブなところは今と変わらないが、今よりも暗い感じの性格だった。

 

将来の兄・コウジと将来の伴侶・べる

神浜コウジは、いとにとって特別な人だ。

ユウにとって、コウジは将来の義兄である。

 

コウジはいとのプリズムショーおよび音楽の才能を認めており、ショー用の楽曲を共作したこともあった。

付き合うことになった経緯はここには書かない。

 

それから、ユウはレインボーライブの頃から蓮城寺べるに憧れていた。

べるへの想いはどんどん大きくなっており、Shiny Seven Stars第1話ではベルローズの練習場までべるを見に行っていた。

Bell Roseのロゴが入った服を私服として着ているほど、べるへの想いは重い。

 

ちなみに、速水ヒロもべるのことを愛している。

レインボーライブでは、べるの楽屋にバラを贈っていた。

べるはコウジとは別腹のようだ。

 

声優は森園わかな役・内田真礼の弟

キンプリでユウを演じる声優は内田雄馬さん。

森園わかな役の内田真礼さんの実弟だ。

 

一部のインタビューでは、レインボーライブをリアルタイムで見ていたことを明かしている。

レインボーライブ時代から存在するキャラクターの声優としては適役といえる。

 

ちなみに、レインボーライブの時代は高山みなみさんが演じていた。

プリティーシリーズは、過去に出演していた声優を再登用することが多い。

高山さんも『ディアマイフューチャー』でヨンファを演じていた。

 

ヨンファはシャッフルユニット編で登場する人物で、さまざまな人をつなぐ役割を果たしていた。

シャッフルユニットの構成はヨンファが決定した。

自身も、前主人公・春音あいらの弟である春音いつきと「LOVE MIX」を組んでいた。

 

レインボーライブとキンプリをつなぐ

涼野ユウはレインボーライブから存在し、キンプリでメインキャラになった。

彼は、ハッピーレイン・ベルローズ・Over the Rainbow・プリズムスタァ候補生をつないでいる。

ユウは漢字で結と書くが、まさに人と人を結わえる存在だ。

 

今回のプリズムショーは、さながらレインボーライブのプリズムの煌めきを継承する儀式となっている。

何も知らない人にとってはただの厨二病PVだが、知っている人は「ありがとう」の気持ちで胸がいっぱいになるだろう。

 

涼野ユウ:涼野いとの弟。

内田雄馬:森園わかな役・内田真礼の実弟。

キャラとしても声優としても、レインボーライブとキンプリの架け橋となっている。

 

内田雄馬の歌唱力に震えろ

この話数では、ストーリーだけでなく、涼野ユウ(CV.内田雄馬)の歌唱力にも要注目だ。

プリズムショーなしで歌うシーンもあるので、いつもは映像に圧倒されてしまう人も、歌に耳をすませてほしい。

 

余談だが、私は初見のとき、ユウのプリズムショーがカットされてしまうのではないかと思ってしまった。

あんなものを聴かせられたら、プリズムショーの代わりかと思ってしまう。

レインボーライブ視聴済み勢にとっては、それくらい濃い30分だった。

 

「まだ見終わってないよ」という方は、ぜひ見終わってから、この回を見返してほしい。

 

スポンサーリンク


プライバシーポリシーと当サイトの利用するサービスについて