ホビーアニメを観ていたらいつの間にかアホになっていた

現在放送中の子ども向け番組を中心に、アニメや特撮ドラマについて書いていく。毎話「感想」を書くわけではなく、気になった話数や一般的な議論に関する記事を書く予定だ。

スポンサーリンク

【ミュークルドリーミー】中学生の恋愛が甘酸っぱすぎる

ぬいぐるみ×魔法少女×怒涛の展開!?

今話題のアニメ『ミュークルドリーミー』。

 

主人公の女子中学生が、動くぬいぐるみ「みゅーちゃん」と出会う。

ふたりは人の夢に潜る不思議な力を手に入れ、悪夢を浄化していく。

恋多き中学生の日常と非日常を描く作品だ。

 

独特のテンポの速さや、主人公の恋の行方が話題になっている。

ここでは物語の詳しい内容には触れず、基本的な設定や構造について扱う。

 

劇中の重要アイテム

不思議なぬいぐるみ・みゅーちゃん

ぬいぐるみ「みゅーちゃん」は話す・歩く・食べるなど、生き物のように動ける。

でも、みゅーちゃんのことは、同じようなぬいぐるみを持っている人以外には秘密。

 

主人公・日向ゆめとみゅーちゃんは、夢の世界に入ることができる。

みゅーちゃん以外の動くぬいぐるみ「ドリーミーメイト」も同様に夢の中に入れる。

ただし、主人公以外の人間は夢の中に入れないようだ。

 

個性豊かなぬいぐるみたちに注目。

 

ドリーミーコンパクト、ミュークルステッキ

この番組は、設定としては一昔前の魔法少女に近い。

主人公は「ドリーミーコンパクト」を使って変身し、夢の中に潜る。

 

「ミュークルステッキ」を振ると、魔法が使える。

悪夢を浄化する以外に、夢の中に出てきたバケモノを退治するなども可能だ。

 

頑張って悪夢を浄化すると、「ドリーミーストーン」が手に入る。

たくさん集めると、夢が叶うという設定。

あくまでぬいぐるみが主体なので、上記のアイテムが出ない回もある。

 

中学生の日常を描くストーリー

主人公をとりまく人間関係

人間関係を軽く整理する。

 

主人公はごく普通の中学1年生。

男子テニス部のキャプテンである先輩に憧れている。

キャプテンは女子たちの憧れの的である。

 

自宅の隣には、幼馴染で同級生の男子が住む。

部屋の窓越しに会話する仲だが、恋愛対象ではない。

 

主人公のクラスには人気の読者モデルがおり、仲良くなる。

パソコン部の部長である女子の先輩とも知り合い、親交を深めていく。

 

甘酸っぱい中学生の生活

今作の題材は中学生の日常生活である。

あの頃経験した(かもしれない)甘酸っぱい日々があなたに襲いかかる。

 

友達、恋愛、部活、学校行事、将来の夢……

中学生はさまざまな問題を抱えている。

登場人物は悩みながら、成長していく。

 

主人公は夢の中で魔法を使えるが、全部解決とはいかないようだ。

ときには恋愛関係で悩むことも……?

今作の描写はとてもリアルで、大人には刺激が強すぎるかもしれない。

 

怒涛の展開:テンポのよい場面転換

今作はテンポがよいと話題になっている。

でも、それはセリフの量だけではない。

あまり余韻を持たせない場面転換の早さも特徴的だ。

 

基本的に、今作は1話完結である。

学校行事などを2話以上かけて描く場合もあるが、各話はだいたい別の話題になる。

1話で描き切るため、不要な場面を力技で飛ばすなどの努力も見られる。

 

その一方で、スタッフがパワー全開で仕事をしている。

ただでさえテンポが速い中で、見逃してしまうような小ネタも仕込まれている。

まさに「怒涛の展開」といえる作品になっている。

 

キャラ1人ひとりを丁寧に描く

今作のキャラ描写はとても丁寧で、存在を持て余しているキャラはあまりいない。

 

まず、今作には主人公以外に、数人のメイン格のキャラがいる。

番組の後半・問題解決パートに出やすい*1

 

それ以外にぬいぐるみとは関係ないが、フルネームが設定された脇役がいる。

キャラはかなり多いが、めちゃくちゃ濃いので覚えやすいはずだ。

 

個性豊かなサブキャラ・名無しのモブ

フルネームありのサブキャラは主人公の友達が中心で、日常パートでの絡みが多い。

それぞれに部活が設定されており、その関係での描写もある。

主人公は、彼女たちの夢にも入っていく。

 

フルネームが設定されていないキャラや、名前すら明かされていないキャラも丁寧に描く。

名無しのクラスメイトのデザインは指定があるようで、毎回ほぼ同じである。

特徴的な子もいるので、ぜひ注目してみてほしい。

 

充実の音楽:キャラソン、CGダンスも

今作は、音楽にも力を入れている。

メインキャストには『ラブライブ!』、『バンドリ!』、『アイドルマスター』などで活躍する声優を起用。

彼女たちが歌唱するキャラソンを用意した。

 

エンディングテーマにはCGを使用し、ダンスをつけている。

ここからも、音楽に力を入れていることがわかる。

サンリオ作品ということもあり、ピューロランドでもショーがある。

 

ぜひ音楽にも耳を傾けてもらいたい。

 

力の入った新IPに期待

日本一のキャラクタービジネス企業がリリースした新たなプロジェクト「ミュークルドリーミー」。

今作の立ち位置は、ジュエルペットやリルリルフェアリルに次ぐ新しい女児向けIPである。

しかし、他の女児向けIPとは力の入れようが違う。

 

おもちゃ・少女漫画・ギャグ・音楽……さまざまな方面に振り切っている今作。

ぜひご視聴いただきたい。

*1:この番組は学校が題材。部活関係の回などで、メイン格なのにおやすみの場合も。主人公とみゅーちゃんはほぼ必ず出る。

スポンサーリンク


プライバシーポリシーと当サイトの利用するサービスについて