ホビーアニメを観ていたらいつの間にかアホになっていた

現在放送中の子ども向け番組を中心に、アニメや特撮ドラマについて書いていく。毎話「感想」を書くわけではなく、気になった話数や一般的な議論に関する記事を書く予定だ。

スポンサーリンク

【スクスト】Comic Channelでキャラクターを知ろう

スクールガールストライカーズの入門本!

人気アプリゲーム「スクールガールストライカーズ2」(スクスト2)には、漫画版がある*1

 

 

スクスト2は、平行世界を股にかけ、少女たちが時空の平和を乱す悪に立ち向かう作品だ。

一方、漫画版では公式シナリオライターの監修のもと、少女たちの日常を描く。

全5巻(実質6巻)で、スクストの世界観とキャラクターを知ることができる良本だ。

 

今回は、コミックのことを紹介したい。

 

 

 

コミック版の特徴

ゲームでは表現できないコト

スクストのゲームは3Dポリゴンなので、だいたいの動きは表現できる。

しかし、細かい表情や少女たち以外の人物を描くのには、制約がある。

 

そこで、コミックでは少女たちの過去など、ゲームでは描けない部分にスポットを当てる。

 

ゲームとのリンク

コミックの内容をゲームで回収したり、ゲームの内容をコミックで広げたりしている。

そのため、ゲームとコミック、どちらから入っても楽しめる。

 

印象的なのは、味覚狩りに行くエピソードが漫画とゲームで連動していること。

漫画に登場した「ドルチェフォーム」のコスチュームがゲームでも登場している*2

ほかにも、漫画で出たものをゲームで回収している例がいくつかある。

 

一方で、敵に操られていた「降神三姉妹」の過去など、ゲームでは仄めかす程度だった内容も扱われている。

ゲームでほとんど語られていない内容を回収するのも、コミックの役割だ。

 

とはいえ、キャラクターなどの説明はしっかりしているので、コミック単体で楽しめることは誤解のないように。

 

アニメではカバーされないキャラも

ちなみに、スクストはアニメ化もされている。

ゲームとは別の平行世界のお話だが、エッセンスはだいたい一緒である*3

 

 

ただし、アニメはゲームのストーリー第1章をもとにしているため、第2章で登場するキャラの描写がない。

それから、2018年9月時点で、ガチャの商人「ハナちゃん」の日常が描かれているのはコミックだけだ*4

 

コミックチャンネルは少女たちの過去と今を表情豊かに描く。

ゲームとつながる内容もあるが、ゲームをやっていなくても大丈夫。

アニメ版にはいないキャラの話もある。

 

いろいろなシーン

日常シーン

アニメでは「アルタイル・トルテ」中心、ゲームでもポリゴンと背景で描かれる日常シーン。

コミックでは意味深な過去話がありながらも、何気ない日常も描かれている。

 

雪合戦や将棋などを通じたキャラクター同士の交流は名作ぞろい。

川下りやお神輿など、大人数のレクリエーションは漫画だからこそ描ける内容ではないだろうか?*5

 

等身大の少女たちを描く回想シーン

スクストには多彩なキャラクターがいて、さまざまな人間関係がある。

 

しかし、どういう経緯で友達になったのかなどは、語られないことも多い。

また、別の平行世界の話で描かれても、それはしょせん別の世界の話であって、「正史」ではない。

そういう意味では、コミックの世界は主人公たちの世界と同一なので、信用できる。

 

さて、回想シーンを一言で表すとすれば、「等身大の少女たち」である。

  • 親に将来を定められた少女
  • 高校生でありながら、家を支えなければならない少女
  • 早く自立したいと生き急ぐ少女

などのゲームでは語られなかった過去が明かされる。

 

彼女たちを救ったのは紛れもない、仲間だった。

辛い過去の回想で垣間見えるエモーショナルな表現も見逃せない。

 

変身&戦闘シーン

変身シーンと戦闘シーンは、漫画というプラットフォームを活かして描かれている。

 

例えば、ゲームでは変身シーンは効果音とともに衣装が切り替わるだけだ。

しかし、漫画ではメモカ(収集アイテム)をパトリ(変身アイテム)に挿すところを印象的に描く。

しっかりした変身バンクに関しては、ゲームの「幻装変身」およびアニメチャンネルでご覧いただきたい。

 

戦闘シーンは、激しいタッチで躍動感豊かに描かれている。

アニメでも「動いていた」が、コミックでは静止画ならではの迫力がある。

 

  • 戦いの激しさを表す「ドォン」「オブ!」という擬音。
  • 線を活かしたすさまじい斬撃の描写。
  • 白黒だから表現できる激情。


ゲームやアニメには出せない臨場感が漫画にはある。

 

日常シーン……漫画だからこそ描ける日常も。

回想シーン……ゲームと同一の世界で、等身大の少女たちが描かれる。

戦闘シーン……漫画ならではの躍動感・臨場感。

 

8話にわたるイミナとマリの描写

驚異とも言えるのが、特定の2人の人物を描くエピソードが30話中8話を占めることだ。

どちらかにスポットが当たるものを含めれば、もっとある。

 

  • 「刹鬼」と言われた少女・居吹イミナ
  • 命を顧みない少女・雪代マリ

作者の趣味もあり、この2人の登場回が全体の4分の1を超えている。

 

イミナはパティシエールを目指しているが、不良だった過去の呪縛から逃れられずにいる。

マリはクールに振る舞うが、本当は孤独だった。

そんな2人が敵に幻を見せられたことで、互いの過去と今を見つめ直す。

 

ゲームではほのめかされる程度だった2人の出自が、漫画による詳細な描写で明かされる。

ラスト7話(いずれも第5巻に収録)が全部イミナとマリの話という衝撃の構成となっている。

第1巻にも2人の話があるので、ぜひ1巻から5巻まで読み通してほしい。

 

居吹イミナと雪代マリの話に力を入れている。

 

ゲームでは平行世界SFが展開

スクスト Comic Channelを読めば、スクストの少女たちのことを知ることができる。

ゲームのストーリー第1章の主人公であるアルタイル・トルテについて知りたいのであれば、アニメもおすすめである。

 

一方で、スクストは平行世界をめぐる哲学的な話でも注目されている。

その辺の話は、ぜひゲームで補完してもらいたい。

異世界転生の話、平行世界が消えたらどうなるかなどにも言及されていて、なかなか興味深い。

 

スクールガールストライカーズ2

スクールガールストライカーズ2

  • SQUARE ENIX INC
  • ゲーム
  • 無料

play.google.com

 

*1:バージョンアップに伴うナンバーの変更であって、2作目という意味ではない。

*2:2014年11月上旬のイベント。

*3:1クールに収めなければならないので、平行世界まわりの描写が大幅にカットされている。

*4:普段は限定アイテムの宣伝だけ。ミニゲームの「冒険チャンネル」では案内役。

*5:ゲーム内のサッカーの話では、場面ごとに分けて描いていたので、22人を描けている。

スポンサーリンク


プライバシーポリシーと当サイトの利用するサービスについて