ホビーアニメを観ていたらいつの間にかアホになっていた

現在放送中の子ども向け番組を中心に、アニメや特撮ドラマについて書いていく。毎話「感想」を書くわけではなく、気になった話数や一般的な議論に関する記事を書く予定だ。

スポンサーリンク

【ベイブレードバースト】ガチ1話 YouTubeを意識した15分アニメ

新主人公が黄金のベイ「ゴールドターボ」を作る

『ベイブレードバーストGT(ガチ)』の配信がスタートした。

 

【ベイブレードバーストガチアニメ】ガチだぜエースドラゴン! 1話 - YouTube

第1話の動画はこちら。(2019/4/15現在)

 

レイヤーにウエイトが入った「ガチンコベイ」が登場。

新主人公の「虹龍(こうりゅう)ドラム」が、ベイを最強にすることを目指す。

 

2019年4月現在、この番組は動画サイトのみで配信され、テレビ放送はない。

ベイブレードシリーズの新たな挑戦を紹介する。 

 

 

 

 

 

テレビの伝統は不要 15分アニメへ

ベイブレードバーストガチは15分アニメだ。

 

これには、タカラトミーと小学館以外のスポンサーがないという要因もある。

でも、それ以上に、放送枠の概念がなくなったことが大きい。

 

実は、同様に配信限定のアニメ『レゴニンジャゴー』や『レゴフレンズ』も15分アニメだ。

レゴといえば、お金がありそうな会社である。

 

なのに、なぜ15分か?

 

それは、30分の放送枠を買う必要がなくなったからであろう。

スマホのYouTubeアプリで、ましてや集中力の低い児童に見てもらうためには、15分のほうが都合がよい。

 

ちなみに、テーマソングもオープニングテーマだけ。

エンディングはオープニングのカラオケを流している。

一方、ベイバトルのCGは健在で、冒頭のナレーションも前作までと同じ方が担当する。

 

第1話にはじめしゃちょーが出演

YouTubeで売っていきたいんだという気概は、はじめしゃちょーのゲスト出演からも感じ取れる。

 

はじめしゃちょーは、もともとベイブレード関連の動画に出演していた。

今回、本格的にYouTubeで売っていきたいということで、彼に白羽の矢が立ったのだろう。

 

思ったよりセリフが多くて、本当に子どもたちのヒーローなのだと感じられた。

何の役なのかは本編をチェックのこと。

 

テレビで放送する前提ではないため、本編は15分程度。

YouTuberのはじめしゃちょーがゲスト出演するなど、YouTubeを意識。

 

ベイブレードに関連するYouTuberははじめしゃちょーだけではない。

  • コロコロチャンネルの専属YouTuberかーくん
  • タカラトミーのマスターブレーダー村木
  • 同じくマスターブレーダー堀川

も実写の動画に登場するので、覚えておいてほしい。

 

1試合で当番回が複数作れる

15分アニメだと、ストーリーが描けない気もする。

反面、ベイの見せ場を作りやすい。

 

例えば、1stバトルでベイAがオーバーフィニッシュ*1で勝つ。

このとき、ベイAの見せ場を作れる。

 

次の回、2ndバトルでベイBがバーストフィニッシュ*2で勝つという展開にする。

そうすれば、勝ったベイも負けたベイも活躍できる。

 

そういう意味では、15分は合理的かもしれない。

ベイブレーダー1人ひとりにもスポットライトが当たりやすい。

 

1つの試合を複数話に分けられるので、試合に負けるベイにも見せ場が作れる。

 

気になる内容は?

ドラムはBCソルのメンバーで、武者修行のために日本に上陸する。

蒼井バルトが考案したガチンコベイを片手に、まずはベイフェスティバルに足を運んだ。

 

その中で、同じくガチンコベイを使う草葉アマネとバトルする。

新ベイの初陣、ドラムは聖獣の声を聞くのだった。

 

外国生まれ外国育ち 最初からチーム所属

主人公の虹龍ドラムは外国の出身で、日本は初めてだ。

第1話の時点でクラブチームに所属し、ベイの知識がある。

バルトやアイガとは違った主人公である。

 

ドラムは両親と離れて暮らすが、両親よりもベイのほうが大事な様子。

単身で日本に渡航するのも、抵抗がないようだ。

 

そんな彼の弱点は、緊張しやすいこと。

顔が真っ赤になり、怖い顔になる。

アスリートにとって致命的だが、武者修行の中で解決していくのだろうか?

 

目標はベイを「ゴールドターボ」へと育てること

これも前作までと違う点。

ドラムの目的は、ベイを最強へと育て上げることだ。

 

ドラムは、バルトの「スラッシュヴァルキリー」が金色に輝くのを目にした。

この状態は「ゴールドターボ」と呼ばれている。

ドラムはゴールドターボを目指して、「エースドラゴン」を育てる。

 

主人公・虹龍ドラムは外国出身で、第1話時点でBCソルに所属。

相棒の「エースドラゴン」を黄金に輝く「ゴールドターボ」にすることが目標である。

 

 

ここで注意だが、おもちゃはゴールドターボになる仕様ではない

しかし、キャンペーンやイベントなどで金色バージョンが配布されるようだ。

そうしたイベントが開かれる場合はぜひ参加しよう。

 

アニメの様子を見守ろう

ホビーアニメはあくまで、おもちゃの宣伝にすぎない。

万が一アニメがなくなっても、おもちゃの人気が続く限り、おもちゃはなくならない。

 

新しい挑戦に戸惑う人もいるかもしれないが、これからもアニメを温かく見守ってほしい。

もちろん、おもちゃのほうも楽しんで。

*1:2点先取制で、場外(オーバーフィニッシュ)と回転の終了(スピンフィニッシュ)は1点。

*2:相手のベイを分解(バースト)したら2点。

スポンサーリンク


プライバシーポリシーと当サイトの利用するサービスについて